So-net無料ブログ作成
検索選択

身代わりになった?零戦パイロットを救った台湾のお母さん

某掲示板に印象的な話があったのでご紹介。
 第二次世界大戦中の零戦乗りだったおじいちゃんを持つ方のお話です。

◆台湾のお母さん
  
656 本当にあった怖い名無し : 2012/10/25(木) 22:40:34.28 ID:hCQa0QHa0 

 今年大往生した母方の祖父ちゃんは、零戦乗りだった。予科上がりだけど、特乙や特丙※1よりも前に出たので、それなりに操縦士の中でもエリート意識はあったらしく、飛行時間をよく自慢していた。こっちから聞けば積極的に当時の話を聞かせてくれた。その中で印象に残っている話を一つ。   
1280px-RabaulJapaneseEnlistedFighterPilots.jpg

 1944年、祖父ちゃんは台湾海軍航空隊
※2に所属していて、台湾に住んでいた。  
 本土から呼ばれて宿舎に空きがなかったので、基地近くの台湾人の人の家に下宿していた。その家には台湾人の老夫婦が住んでいて、いつもとても良くしてくれるので、小さい頃に母親を亡くしていた祖父ちゃんも嬉しくて、奥さんの方を「台湾のお母さん」と呼んで、親孝行の真似事なんかもしていたらしい。      

 そしたら夏の暑い盛り、いつも元気なお母さんが寝込むようになった。  
祖父ちゃんも心配して、薬を工面して渡していたりしたらしいんだが、なかなか回復しない。
   ある日枕元に座っていたら、お母さんがこんなことを言った。  
「実は飛曹(祖父ちゃんは他の人から○○飛曹と呼ばれてた)さんが撃ち落されて戦死する夢を見たことがあった。夢見が悪いだけかとも思ったが、もし正夢だったら大変だ。折角できた息子が死んでしまう。 なので神様にお願いしたら、代わりがいると言われたので、私と代えてもらうようよくよく頼んだ。私はもうすぐ死ぬが、これで飛曹さんは大丈夫だ。」  
祖父ちゃんは、きっと病気で気弱になったのだろうと思って、大丈夫ですよと答えたそうだ。
5bca0030848709bac13a500c567e4ddc_s.jpg

 そんで10月の台湾沖航空戦
※3。台湾海軍航空隊も米軍迎撃のために出撃。 結果は知ってのとおり壊滅だ。祖父ちゃんの同期もほとんどが未帰還になった。  
 祖父ちゃんも撃墜されたが、機が火を噴かず落ちて、幸運にも着水脱出。

撃墜される日本機.jpg
とはいえ、島影も見えない海のど真ん中にプカプカと浮かんでる状態で、このまま漂流して死ぬのか、と思っていると、なんと台湾から出漁していた漁船が通りかかり、   「日本人だ! 助けてくれー!」と叫んで、引き上げてもらい、無事生還。
  下宿に帰ってみると、お母さんは亡くなっていた。 旦那さんに尋ねると、ちょうど祖父ちゃんが出撃して飛んでいる時に亡くなったそうだ。何の神様に祈ったのかは分からない。


※1 
特乙、特丙〜海軍飛行予科練習生(予科練)の制度で戦局の悪化に伴い、乙種予科練志願者の中から選抜し、乙種(特)飛行予科練習生(特乙飛)とし短期養成を行った。特丙は朝鮮人日本兵、台湾人日本兵対象。
※2 台湾海軍航空隊〜1944年7月に編成された最初の乙航空隊のひとつ。航空機を用いて作戦を実施する「甲航空隊」とは対極をなし、航空機を持たず、航空基地を防衛し、支援システムを保有する陸上部隊。
※3 台湾沖航空戦〜1944年10月12日〜16日に行われた台湾から沖縄にかけての航空基地を攻撃したアメリカ海軍空母機動部隊を、日本軍の基地航空部隊が迎撃したことで発生した航空戦。日本海軍の参加勢力の航空機1,251機中、312機が撃墜された。

 自分を身代わりにしてまで、日本人の息子同然の祖父を助けたという台湾のおばあちゃん。台湾にはそういう神さまがいたのでしょうか。
 台湾との交流に、哀しくとも、いい話だなと感じてしまいました。
もうひとつ。

◆空母「瑞鶴」に乗艦していた見習い尉官の話

 戦闘の際、日ごろからお世話のなっていた中尉が敵機の爆弾により倒れた。 左足を付根からもぎ取られていたが、まだ意識があり「もし呉に帰ったら家族に苦しまずに死んだ、と、そう伝えてくれ」そう言い息を引き取った。

Shokaku_Coral_Sea_battle_damage_1.jpg
実際に大破した「翔鶴」

 見習い尉官は遺言どうり中尉の家族に手紙を書き送った。
 それから二十五年後に行われた瑞鶴戦没者慰霊供養の際に中尉の未亡人と会い、実際の中尉の最期を伝えた、すると未亡人は「これまで何回となく夢で帰って来てくれましたが、不思議な事に、そのたびに左足がないんです。 今、やっと、その訳が解り、ほっとしました」

 これも印象に残る話です。家族が心配しないように「苦しまずに死んだと伝えてくれ」という思いやりにも家族愛を感じます。また、夢に出てくるその姿に疑問を抱いていた奥様が長年の疑問にホッとしたというやりとりも、霊の実在を感じさせてくれるものがあります。

 余談ですが、空母「翔鶴」は、真珠湾攻撃、セイロン沖海戦、珊瑚海海戦、ソロモン海戦、南太平洋海戦、マリアナ沖海戦など、主な海戦のほとんどに参加してきた歴戦の空母ですが、珊瑚海海戦で空母「ヨークタウン」の攻撃隊の攻撃をくらい大きな損害を被ります(戦死者109名、重傷者114名)。
 大損害を受けた翔鶴は5月17日に呉港に戻りますが、もしかするとこの時の出来事かもしれません。
1024px-Japanese_aircraft_carrier_shokaku_1941.jpg
 
 戦争は、実際に命のやり取りをする悲惨なものです。なので、人間の生命が極限にまで追い詰められる経験でもあるのです。そういうこともあってなのか、こういう不思議な話も多いですね。
こんな記事もどうぞ

来たよ(15)  コメント(4)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 15

コメント 4

tsumi

ワンモアさんは複数ブログをお持ちだったのですね…!始めてこちら拝見させていただきました!どちらも素敵な内容ですね~^^
戦争の不思議な話は、きっと世の中にはまだたくさんあるんでしょうね…どれも、強い人の想いが成せる業なんだろうと思います。
今の日本は色々ありますが、平和でいい時代だとつくづく感じます。やっぱり、家族や大事な人たちは幸せに生きてほしいです。
by tsumi (2017-04-21 01:01) 

ワンモア

★tsumi さま
 あ、こんばんは〜遅くのコメントありがとうございます(^^)
 そうなんです。実はこちらで裏のブログを運営しております。なんか、こっちをメインでやってくれって声が多いんですよね(笑)
 色々とのぞいてみてください(^^)
by ワンモア (2017-04-21 02:03) 

caveruna

台湾って、占いとか有名ですもんね~
なんかお願いする神様あるんでしょうね。
by caveruna (2017-04-24 16:33) 

ワンモア

★caverunaさま
 この東南アジアでの戦争中の話で、向こうの神さまらしきものに怖い目にあった日本兵の話もあるので、いずれ。
by ワンモア (2017-04-28 16:43) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 黄昏怪奇譚 All Rights Reserved.