So-net無料ブログ作成

日本で起きた幻のUFO捕獲事件「介良事件」の謎

◆四国で起きたUFO捕獲事件

 UFOというと、宇宙人の乗り物というイメージが強く、ある程度の大きさを想像してしまうのですが、今回紹介する介良(けら)事件は、ちょっと変わった事件なのです。
 ある程度の年齢の方なら、TVでも何回も特集されて覚えている方もいるかもしれません。
Cap 356.jpg
TVで紹介されたUFOの再現模型

 どんな事件かを簡単に紹介すると
 介良事件とは1972年、高知県高知市東部の介良地区であったとされる、当時中学生(複数)が遭遇した両手に乗るほどのサイズの小型未確認飛行物体捕獲事件である。
介良小型UFO捕獲事件(けら・こがたユーフォーほかくじけん)とも呼ばれる。
と、Wikipediaにまで紹介され、海外のUFO愛好家の間でも記事になったりしています。


◆事件のあらまし

 1972年の夏、高知県高知市東部の介良地区でのこと。中学生の友達グループ数人が田んぼのなかで地上1m程のところに静止していたハンドボール大で色とりどりに発光する物体を発見します。

Cap 359.jpg
再現模型

 気になった中学生たちが翌日、同じ田園に行くと、前日と同じ発光する物体の下に灰皿のような奇妙な物体を発見。その物体は灰皿そっくりでしたが、底面中央の正方形の中に直径3ミリほどの穴が多数開いていて、まわりに古代壁画のような図柄が描かれていたといいます。 

Cap 358.jpg
再現模型


 グループのうちの一人が、家へ持ち帰ってその物体を調べようと考え、たんすに収納しておいたのですが、翌日になると姿を消して元あった場所にも戻っていました。
 ふたたび友人とともにその物体を確保し、調査のため分解しようとしたり、内部を観察したり水を注ぎこむなどといった実験をします。しかし傷一つつかず、ヤカン2個分の水を飲み込んだといいます。

Cap 360.jpg
当時の再現映像


 そのあとも何度か、収納しておいてもまた逃げて元の田んぼにもどり、それをまた確保するという事をくりかえしていました。
 最後に一人がひもできつく縛って自転車で運ぼうとするが、途中で何らかの力により引っ張られ、自転車から転倒。気づいたときには物体は消失してしまうのです。

 この物体は写真をとろうとしてもシャッターがおりなかったり、フィルムが真っ黒になったりしたため、ボヤけた写真が一枚とれたのみであったと言われています。
 また、中にはラジオのような部品が見えていたとのこと。

Cap 363.jpg
唯一撮影に成功したと言われる写真


◆事件の影響〜本当か?イタズラか?


 この事件は、後に少年の一人が、ラジオの電話相談コーナーで「UFOを捕まえたことがある」と告白したことをきっかけに、全国へと広く報道され、テレビ番組「11PM」で取り上げられるなど、一躍話題となりました。

 当時は世界的なUFOブームでもあったため、日本でも連日UFO特集が組まれていたという時代背景がありました。

 このことにより、TVがセンセーショナルに書きたて、少年たちもイタズラとか虚言であるといえなくなってしまったのではないかという意見もあるのです。

 さて、これに対する物的証拠はまったくなく、全て中学生たち、もしくはその親の証言のみにより事実であると主張されている事件なのですが、
取材した作家の志水一夫氏いわく、目撃者の二人がUFOの大きさを巡って真剣な言い争いを何回も始めたそうで。作り話なら口裏を合わせるのが普通なため「これは本当に何かあったんだな」というゾゾッとする本物の印象を受けた、と志水氏は語っています。  

 また、作家の遠藤周作氏がこの事件に興味を持ち高知まで出向き中学生らを取材。後にエッセイにまとめているそうです。
 影響力がかなりあったのは事実なのです。

Cap 361.jpg


◆信憑性のある中学生たちの行動

 あと、大変興味を引くのがこの中学生たちでの行動です。初めて遭遇した不思議な物体に遭遇したら皆さんはどうします。逃げたり観察するでしょうか。
 しかし、彼らの行動はいかにも中学生らしいものでした。発見した時に彼らがしたことは、水をかけたり、ブロックを投げつけたり
、手にとって振ったりしたのです。

 しかも放射能が出ているかもしれないということで、布をかけて持ち帰ったというアバウトさ。史上初のUFO捕獲事件です(;^ω^) 。

Cap 364.jpg

 その後は、逃げないように座布団で押さえたり、水を流したり、エナメル線を穴に入れたり、火あぶりのようなことをしたり、ドライバーを使ってこじ開けようとしたり、最後は電子レンジ攻撃をしようと企んだといいますから中学生の考えることは面白いですね。
 UFOも一回で消えたのではなく、ちょっと先でまた捕獲されていますので、まるでキャチ&リリースの状況で、新しい遊びを発見したようなことをしています。

 これは人類史上初のUFOへの攻撃ではないでしょうか(^^)。 

 ちなみに電子レンジの中に入れるのは母親から料理が作れなくなるから止めてと言われたそうです(;^ω^)

◆当時の中学生たちの現在は?

 当時は話題になったこの事件。当事者たちは、すでに大人になっており、そのうちの一人は高校の先生にもなっているそうですが、当時のことはよく覚えているそうです。
 なお、一人だけ黙している人がいるそうなのですが、彼はもしかすると別の真相を知っているのかもしれません。


◆類似の事件があった

 面白いですね。UFOの話は大抵は乗り物として大きいものなのですが、このUFOは当時は非常に珍しいものでした。
 小型の宇宙船なのでしょうか。それとも偵察機?似たような話が第二次世界大戦中のドイツ上空でも起きてます。
 証言者はアメリカの爆撃機B-17の搭乗員たち。彼らいわく、小型の円盤の群れに遭遇してなんと機体をすり抜けて行ったそうなのです。その謎の円盤の大きさは、10cmにも満たない小さなものであったとのこと

→UFOか? B-17が遭遇した謎の飛行物体



<参考記事>
都市伝説 オカンとボクと、時々、イルミナティ、ポッドキャスト
→都市伝説2017年3月29日②「衝撃!○○を捕まえた少年たち!!」

日清 焼そばU.F.O. ビッグ 167g

新品価格
¥221から
(2017/4/2 17:48時点)


マンガ 実録! UFO・宇宙人衝撃の新説

新品価格
¥600から
(2017/4/2 17:50時点)


UFOと宇宙人の大百科 (学研ミステリー百科)

新品価格
¥1,058から
(2017/4/2 17:51時点)


こんな記事もどうぞ

来たよ(7)  コメント(3)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 3

caveruna

そんな昔に…知りませんでした!
かろうじて生まれてますが^^;
その頃は、電子レンジなんて、
家になかったな(汗)
by caveruna (2017-04-02 21:40) 

ちょいのり

ブームに乗った。・・・とは言いきれないような^^
黙してる元少年さんも気になる。
でも不思議だなあ。
もっと昔はUFOブームなかったのかな。室町とか平安時代とか。
地球に訪れる異星人にも宇宙航行の技術もなかったのか、
地球に気づかなかっただけなのか。
はたまた異星人だと思ってるけれども地球人となんらかの関係があるのか。

by ちょいのり (2017-04-06 02:21) 

ワンモア

★caverunaさま
 私、この話が好きなのですが、中学生の無邪気というか、恐ろしいというか、なんて無茶ぶりをしているんだという感じが(;^ω^)

★ちょいのり さま
 UFOらしきものが書かれている昔の絵画もあるんですよね〜。
 色々調べると面白いです(^^)
by ワンモア (2017-04-06 09:43) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 黄昏怪奇譚 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。