So-net無料ブログ作成
検索選択

もう一人の自分を見た〜ドッペルゲンガーの正体とは?

 もう一人の自分の姿を見てしまう・・こんな奇怪な現象に遭遇してしまったらどうしますか。この現象をドッペルゲンガー(Doppelgänger)というそうで、もしも、もう一人の自分の姿をみてしまったら間もなくその人は死ぬと言われている恐い話なのです。

 今回は、そのドッペルゲンガーに遭遇した有名人と、なぜそのような現象が起こるのかを科学的・医学的に解明しようとしている話を紹介します。

Cap 285.jpg
自分そっくりな人を見るとドキッとしますよね。


もう一人の自分が、そこにいる!ドッペルゲンガーとは。

 ドイツ語で、本来の意味は
”生霊”を指すそうで、実際の人間の生き写しが現れる超常現象のことを言うそうです。

 その現れ方は様々で、
自分の姿を第三者が違うところで見る。自分が異なった自分自身を見るなどがありますが、ほぼ共通していることは、ドッペルゲンガーの人物は周囲の人間とは会話をしない。本人に関係のある場所に出現するなどが言われています。
 そして、これらの不気味な幻影は、不吉な前触れの知らせであることが多く、歴史上の人物たちでも意外に多くの人たちが自分自身のドッペルゲンガーを見たと主張しているのです。


リンカーン大統領

リンカーン.jpg アメリカの16代目の大統領リンカーン(1809〜1865)は、鏡の中の青ざめている自分をよく見ていたとされています。初めての選挙のある夜のこと、リンカーンはソファで休んでいたのですが、たまたま鏡をのぞくと、そこには自分そっくりの顔がふたつ映っていて、そのもうひとりのリンカーンは青白く幽霊のようで、鏡の中からリンカーンをじっと見ていました。
 驚いてソファから起き上がると、その分身は消えたのですが、座るとまた現れます。まるで死者のような風貌は、生き延びることができないという意味のような気がして、妻のメアリは悪い兆候だと恐れました。
 また、
リンカーンは、暗殺される数日前に、自分の葬式を見たと
妻や部下たちに語ったとされています。夢の中ですすり泣く声に目覚めたリンカーンは部屋に棺が置かれていて
人だかりができているのを見ます。リンカーンが不思議に思い、聞いてみると 「大統領が亡くなったのです。」 という答えが。彼は自分自身の葬式に立ち会った夢を見たのでした。
 そしてその夢は数日後に現実のものとなるのでした。


エリザベス一世

Cap 283.jpg イギリスのエリザベス一世(1533〜1603)は、チューダー朝最後の女性国王です。
 彼女も自分自身のドッペルゲンガーに遭遇しています。

 幽霊のような自分が、まるで遺体のように身じろぎもせずにベッドに横たわっていたのだと。そして、ドッペルゲンガーを見た後、彼女も、また亡くなることになります。
 
その女王の最後は、老齢や相次く友人たちの死の影響によるうつ病などのストレスとも言われていますが・・・。
 


エカテリーナ二世

Catherine_II_by_J.B.Lampi_(1780s,_Kunsthistorisches_Museum).jpg エカテリーナ二世(1729〜1796)は、18世紀のロシアの女帝です。ある夜、エカテリーナが寝室で休んでいると、召使がエカテリーナが王座の間に入って行くのを見たと言ってきました。
 本人が自分で調べにいくと、召使の証言通り、幽霊のような自分の分身が静かに王座に座っていたといいます。
 エカテリーナは驚き、急いで衛兵にその分身に銃を放つよう命令しました。
 弾が当ったのかどうかは語られていませんが、エカテリーナ本人は間もなく死亡してしまいます。分身に向けて銃を撃ったのがいけなかったのでしょうか。
 彼女の直接の死因は、脳梗塞でした。



ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

Cap 282.jpg ドイツの作家、詩人、そして政治家でもあるゲーテ(1749~1832)も馬に乗ってる自分自身に出会ったと証言しています。
 それは、フリーデリケという女性と別れたショックで意気消沈して馬で帰る途中のことでした。向こうの方から馬でこちらに向かってくる男がいました。その男が着ている服は違えど、まさにゲーテ本人だったといいます。その人物はすぐに姿を消したが、ゲーテはその姿になぜか心が穏やかになって、このことはまもなく忘れてしまったと語っています。
 その事件から8年後、ゲーテがその同じ道を今度は反対方向から馬を進めていたとき、数年前に会った自分の分身と同じ服装をしていることに気づきました。
 これは、ドッペルゲンガーというより時空の歪みで未来の自分に遭遇したという話かもしれません。

芥川龍之介

Cap 284.jpg

 日本で有名なドッペルゲンガーの事例は、作家、芥川龍之介(1892〜1927)だと思います。
 彼自身、
雑誌の対談などでドッペルゲンガーの体験を何度も語っています。
 ある座談会では、「私のドッペルゲンガーは一度は帝劇に、一度は銀座に現れました」と答え、錯覚か人違いではないかとの問いに対しては、「そういってしまえば一番解決がつき易いですがね、なかなかそう言い切れない事があるのです」と語ったそうです。
 彼は35歳の時、服毒自殺を遂げまし
た。
彼の机の上には、未完で未発表の小説が残されていましたがその内容は、
まるでドッペルゲンガーに悩む自分を題材にしたような小説だったそうです。


ドッペルゲンガーは脳の病?医学的に解明できる可能性も。  

 一方でドッペルゲンガーを医学的に解明しようという試みもあります。
これは心理学・精神医学では「オートスコピー」(Autoscopy)と呼ばれ、昔から研究の対象になっています。
 今までの例から見てもドッペルゲンガーを見た人たちは、大きな悩み、ストレスを抱えていた時期に見ていることが多いです。精神の病としての一つとしての症状ということですね。
 また、脳腫瘍が原因とする分析もあります。脳の側頭葉と頭頂葉の境界に脳腫瘍ができた患者が見るケースが多いそうです。この脳の領域は、ボディイメージを司ると考えられており、そこの機能が損なわれると、あたかも肉体とは別の「もう一人の自分」が存在するかのように錯覚することがあると言われています(「wikipedia〜ドッペルゲンガー」より)。

Gray1197.jpg


 脳腫瘍が原因だとすると、ドッペルゲンガーを見た人はその後死んでしまうというのは分かる気がします。要はドッペルゲンガーを見たから死んでしまうのではなく、死んでしまう危険な病状がドッペルゲンガーを見せてしまうということですね。

 これらの「ドッペルゲンガー=病気説」なら、分身を目にした人の死期が近いということを簡単に説明できます。
「ドッペルゲンガーを見たらまず脳外科へ行け」ということはお薦めできるかもしれません。

それでも残るドッペルゲンガーの謎〜エミリー・サジェの例

 しかし、それが本人の脳が原因とされていても、第三者に目撃されている事例が多いのはどう解明できるのでしょうか。
 ドッペルゲンガーは、本人からかなり離れた所(しかし、本人とは縁がある場所)で、第三者に目撃されているケースも非常に多いのです。

 フランス人のエミリー・サジェの例を紹介します。
 1845年、当時32歳のサジェは、ラトビアのリヴォニアにある名門校に教師として赴任しました。間もなく生徒たちが「サジェ先生が2人いるように見える」と言い出します。
 教師たちは生徒の空想として取り合わなかったものの、10人以上の生徒がそう言い出したため、集団幻覚か、それとも本当にサジェが2人いるのかと驚くことになります。
 
 生徒たちの証言によれば、
・サジェが黒板に字を書いていると、分身が現れ、黒板に書く仕草をしていた。
・ある生徒がサジェと並んで鏡の前に立つと、鏡にはサジェが2人映っており、生徒は恐怖のあまり卒倒した。
 ・食事中のサジェのそばで分身が食事の仕草をしている光景を目の当たりにした。
 ・生徒たちのいる教室にサジェがおり、すぐ窓の外の花壇にもサジェがいた。

ドッペルゲンガー.jpg

 この最後の証言では42人もの生徒が目撃しており、勇気のある生徒が、どちらが本物のサジェかと、室内のサジェに触れたところ、柔らかい布のようでまるで手ごたえがなかったそうです。このとき、花壇にいる本物と思われるサジェはぼんやりとした様子だったとのこと。
 やがて室内のサジェが消え、花壇のサジェは普段通り動き始めたため、花壇のほうがサジェ本人だとわかったといます。
   このような分身の事件は、1年以上にもわたって続き、生徒たちの噂話に困惑した学校の理事たちは、サジェを問いただしたが、サジェ自身には分身の自覚がなく、学校側同様に本人もこの現象に悩みました。
  多くの生徒はこの分身の現象をむしろ面白がっていたものの、彼らの父兄は決してそうではなく、このような奇妙な教師のいない別の学校へ転校させる親が続出することになります。
 サジェは教師としては優秀だったのですが、学校側はこの事態を軽視できず、やむなくサジェを解雇することに。
  その後もサジェの赴任先では同じことが起き、20回近くも職場を転々とした挙句、とうとう赴任先がなくなったサジェは、義妹のもとへ身を寄せたのですが、そこでも分身は現れ、子供たちが「おばさんが2人いる」と面白がっていたといいます。
(Wikipedia〜Émilie Sagéeより)

 分身が現れている間、本人はボーっとしている・・・ここになにか秘密が隠されているのいかもしれません。生霊の物質化現象ともいうのでしょうか。特異体質では済まされない超常現象の一つなのかもしれません。

 また、多くの事例では、ドッペルゲンガーが現れた後、本人は間もなく死んでしまうことから、死期が近い人は、肉体から出たり入ったりしているという可能性もあるかもしれませんね。
 生霊は死んでいる人間よりもはっきりと見えやすいという噂もありますので、それが目撃されているのかもしれません。

 いずれにせよ、事例が多いのには驚かされます。

 

ドッペルゲンガー [DVD]

中古価格
¥900から
(2015/8/4 13:18時点)


ドッペルゲンガー 凍てつく分身 [DVD]

中古価格
¥3,650から
(2015/8/4 13:18時点)


こんな記事もどうぞ

来たよ(27)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 27

コメント 0

Copyright © 黄昏怪奇譚 All Rights Reserved.