So-net無料ブログ作成
検索選択

天狗にさらわれた少年〜仙童寅吉と平田篤胤

 江戸時代は平和な時代であったためか、文学や芸能など様々な文化が花開きました。多くの書物も刊行され、現在でもその当時の江戸の庶民の暮らしぶりや文化などの詳しい内容を伺い知ることができます。

 
そんななか、江戸時代には、誰に知られることもなく、ふいに姿を消し、別の世界を訪れていた、という奇妙な話が少なくないのです。そのまま行方不明になっ
たり、忽然と姿を消したりした蒸発事件も多いのですが、前回の松前屋市兵衛のようにひょっこり戻ってきたという話も多いのです。

江戸時代にも存在した蒸発事件〜松前屋市兵衛の行方

 今回は、江戸中期、寛保三年(1743年)に刊行された『諸国里人談(しょこくりじんだん)』という書物から「天狗にさらわれた少年」の話を。
(『日本史怖くて不思議な出来事 中江克己著(PHP文庫)』要約)


 江戸で「天狗小僧寅吉」とか、「仙童寅吉」と呼ばれる超能力少年が評判になった。寅吉というのは、文化三年(1806年)12月晦日、年も月も日も「寅」に生まれたため、名付けられたという。
 文化九年(1812年)四月、寅吉が七歳のときのことである。江戸上野の池之端(現・東京都台東区)、五条天神の境内で遊んでいたところ、奇妙な薬売りの老人が仕事を終えたのか、道端に並べていた薬を片付けるところだった。
 じっと見ていると、老人はすべてのものを小さな壺に入れ、みずからも壺のなかに姿を消して、いずこともなく飛び去っていった。
 寅吉は腰を抜かさんばかりに驚いた。しかし、好奇心が旺盛だったから、再び境内にきてみると、例の老人がいた。老人は寅吉に「わしと一緒に壺に入らぬか」と誘った。寅吉は好奇心に駆られ、老人と一緒に壺に入ると、常陸国(現・茨城県)の南台丈
という山へ連れていかれた(この山は、いつの間にか岩間山→愛宕山と呼ばれ、獅子ガ鼻岩という岩が突き出ていることで知られてる)

 こうして寅吉はたびたび老人に連れられ、各地へ飛行した。やがて
常陸の岩間山へ飛び、その山中で諸武術、書道、祈祷術、医薬の製法、占術などを四年間にわたって修行した。
 その間、岩間山と家とを往復しながら、超能力を身につけていった。

 しかし、何度も家を留守にするので、世間では天狗にさらわれた少年ということになり、「天狗小僧寅吉」とか「仙童寅吉」と呼んだ。実際、失せ物を探し当てるなど、占術では異能を発揮したという。

 その後、寅吉は文政三年(1820年)から江戸下谷長者町(現・東京都台東区)の薬種問屋長崎屋に身を寄せ、暮らすようになった。それというのも主人の新兵衛が超能力に興味を抱いていたからである。

Cap 361.jpg

 新兵衛は自宅で、しばしば超能力会を開くようになったが、そこには幕府祐筆を務めた国学者屋代弘賢、その友人の国学者平田篤胤(左画像人物)、農政学者佐藤信淵らが顔をそろえていた。彼らが感心を抱いたのは、超能力少年の寅吉だった。

 寅吉はまだ15歳の少年である。しかし、とくに寅吉の話を聞きたがったのは、平田篤胤だった。色々話を聞くうちに、いっそう「仙界」(仙人の住むとされる世界)への興味をつのらせた。

 やがて長崎屋での研究会だけでは飽きたらず、寅吉を自分の家に招き、寅吉が訪れたという「仙界」について質問を繰り返し、文政五年(1822年)平田篤胤は、『仙界異聞〜仙童寅吉物語』を発表したのである。

 その後、寅吉は二十代後半になると、仙人から授かった異能は消え失せ、平凡な人物になり、晩年は風呂屋の主人になったという。

<
寅吉が修行したとされる岩間山(愛宕山)〜今も天狗の修行場として知られている。


 天狗と接触し、神隠しにあったり、連れて行かれて修行をさせられたりと、色んな話が各地にはあるようで、この寅吉の話もそのうちの一つです。
 しかし、平田篤胤ら、この時代の著名人たちが興味を抱くだけのものがこの少年にあったということは注目に値すると思います。

Cap 360.jpg 平田篤胤はこの寅吉から仙人界に住む者たちの衣食住や祭祀の仕方、彼らの修行、医療、呪術など詳しく質問を繰り返し、その内容を、『仙境異聞』(全2巻)という書物にまとめました。

 この平田篤胤は他にも、『勝五郎再生記聞』という、臨死体験をして前世の記憶を取り戻したという少年の取材の話なども出版しています。

 この1850年代から1900年代初頭までの時代は、西洋でも心霊主義(スピリチュアリズム) が流行りました。しかし、それに先駆けて日本で死後の世界や不思議な話などを調査したり研究しようという流れが先駆けのように起きていることは大変興味深いなと思います。
 江戸時代の文献には面白い話が沢山あります。


日本史 怖くて不思議な出来事 (PHP文庫)

中古価格
¥1から
(2014/9/20 08:52時点)


仙境異聞・勝五郎再生記聞 (岩波文庫)

中古価格
¥2,749から
(2014/9/20 08:52時点)


完訳 仙境異聞

中古価格
¥8,500から
(2014/9/20 09:22時点)


 
こんな記事もどうぞ

来たよ(12)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 12

コメント 0

Copyright © 黄昏怪奇譚 All Rights Reserved.