So-net無料ブログ作成
検索選択

UFOか? B-17が遭遇した謎の飛行物体


 1943年10月14日。アメリカ陸軍航空軍・第8航空軍の任務番号で115号と呼ばれる作戦がありました。これは、別名「暗黒の木曜日」とも呼ばれ、兵器のボールベアリングの生産拠点であるシュヴァインフルト市に爆撃機に出撃した257機のB-17のうち、59機が撃墜(23.0%)。損傷がない機体がわずか50機という凄まじい戦いでした。

Cap 65.jpg


 実は、シュヴァインフルトへの大規模な爆撃作戦は2回目なのですが、前回の作戦時も、230機中36機(15.7%)を失うという甚大な被害を被っています。部隊の仲間の約6人に1人がこの一日で失ったことになります。

「シュヴァインフルトだけには行きたくない・・・。」乗員のなかにはこのように恐れる声もありました。

→【8月17日】シュヴァインフルト=レーゲンスブルク作戦の大損失(今日は何の日?)


 この激しい戦いの中で、不思議な物体と遭遇した証言があります。今回は『
空の上の超常現象』M・ケイディン(野田昌宏・訳)PHP 「シュヴァインフルト上空でB‐17が遭遇したものは…」よりご紹介します。


 1943年10月14日。第8空軍第384爆撃航空団のB-17爆撃機257機は、攻撃目標であるシュヴァインフルトに近づいた。襲ってくる激しいドイツ戦闘機の攻撃。仲間の何機かが早くも火だるまになり落ちていく。

 

 それでもなんとか戦闘機の攻撃をかわしながら、目標上空に達し、投弾を開始する。銃撃手たちは、敵戦闘機の索敵に血なまこになっている。

 その時、”それ”が起きた。
 シュヴァインフルト市上空6,400m、爆撃機、戦闘機、ロケット弾、対空砲火の爆煙、爆弾、パラシュートなどに、もうひとつ新しい要素が加わったのである。

Cap 61.jpg
対空砲火を浴びているB-17の編隊


 何人かの搭乗員が目撃したというのではない。それの空域を飛んでいたB-17全機の搭乗員が空中に現れたそのあり得ぬ小さな”編隊”を見ているのだ。

 それは飛行機ではなかったし、対空砲火の爆煙でもない、落下していく爆弾でもないし、戦闘機でもないし、火砲の薬莢でもなかった。撃破された機体の破片でもないし、撃落していく搭乗員の屍体でもなく、ましてパラシュートでもなかった。

  それは第二次世界大戦における最も不思議な出来事、今日まで解析不能の謎のひとつとしてアメリカ空軍の公式記録に残され、戦史ファイルの中に収められている。

 自軍のパイロット、搭乗員はもちろん、後には敵だったドイツ空軍のパイロットたちからも詳しく事情聴取を受けたのだが、彼らが一様に主張したのは、その時、”上空に敵の戦闘機はいなかった(E・R・T・ホルムズ少佐が1943年10月24日に作成したメモによる)”という事実である。

 その時、パイロットと上部旋回砲塔の射手、そして、他の搭乗員、たとえば爆撃手や他の射手ともども、384爆撃航空群のB-17編隊の針路上に"円盤の群が出現した"と報告しているのである。

B-17&UFO.jpg

 この現象に、搭乗員は驚きの声をあげ、インターホンでその奇怪な群の正体について口々に話し合った。その円盤の群は銀色で厚さが約1インチ(2.5cmセンチ)、直径が約3インチ(7.5cm)というのが全員の一致した観察だった。どの搭乗員にもよく見え、ずっと見る事が出来たのである。

 それはB‐17の上方向に現われ、ゆっくりと群を作ったまま降りて来た。そしてその時、こんな”起き得ぬ”ことも起きている。
 B-17の026号機(航空軍の機体番号の下3桁だと思われる)とその円盤の群との距離が詰まった。パイロットは乱暴に機首を捻って衝突を回避しようとした。しかし、その突然の操作はうまくいかなかった。

 そのパイロットは帰投後の情報将校の聞き取りに対してこう言っている。「当機の右主翼はもろにその円盤の群れの中を抜けたが、エンジンや機体表面にはなんら影響がなかった」
 情報将校はさらに食い下がった。するとパイロットは、円盤のひとつが機体後部にぶつかったと言うのである。

 しかしパイロットも他の搭乗員もその円盤が機体後部に衝突した音は聞いておらず、衝撃も感じていないし、爆発などの異常も一切目撃していない。

 さらにパイロットはその円盤の群から20フィート(6m)ほど離れたあたりに、これは他の搭乗員も目撃しているのが確認されているが、様々な大きさの黒色の破片のようなものが3フィート(90cm)から4フィート(1.2m)ほどの塊になって、彼等のB‐17の傍を航過したというのである。

Cap 63.jpg


 この報告と録取書には「秘密」のスタンプが押された。そしてこの秘密報告書にはこんな事も書かれている。「さらに2機の飛行機がそんな銀色をした円盤の中を航過しているが損傷を受けた形跡はまったく見られない。この円盤と破片は二度にわたって目撃されているがその正体については解明出来ない」
 この出来事についての説明は今日まで一切なされていない。数十人の歴戦のパイロットや射手その他の乗組員がこの信じられぬ遭遇を確認しているにもかかわらず……。
 
 しかし、ここにもうひとつの事実がある。戦闘詳報を調べていくうちに、この115号作戦の前後にも同じような円盤を目撃した例がいくつか明らかになった。

 ドイツ空軍側にはそのような記録は一切なく、関係者に対して戦後行われた聞き取りでも情報は得られなかった。
 銀色の円盤は「未解決」のまま秘密のファイルに残されている。

 この115号作戦は、あらゆる側面が様々な調査や議論の対象になっている。
そして特別に編成された情報チームが、この信じられぬ円盤の正体をなんとか解明しようとあらゆる方向から熱心な努力を重ねたのだった。
しかし、謎は解明されるその日まで謎として残る。そして、今日もそれは謎のままである。

 

Cap 60.jpg

 


  謎の金属の飛行物体。原因は何なのでしょうか。直径が3inch(7.5cm)ってかなり小さいと思うのですが、肉眼で見れるということは、かなりの集団で飛行していたのでしょうか。

 ドイツの秘密兵器?という説も有力ですよね。しかし、冷戦時代に頻繁に目撃されたUFOを米ソがお互いに相手の秘密兵器だと思っていたという話もあります。

 ドイツ上空に現れた謎の飛行物体・・・・。気になりますよね。

こんな記事もどうぞ

来たよ(9)  コメント(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 1

海を渡る

ご訪問ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
by 海を渡る (2014-07-18 05:53) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 黄昏怪奇譚 All Rights Reserved.