So-net無料ブログ作成
検索選択

見知らぬ場所を走っている電車に乗ってしまった人の話

雨銀さんのYouTube「怖い話 43話」からです。

tasogare_35.jpg



 見知らぬ場所を走っている電車に乗ってしまった人の話

 関東の地方鉄道に乗って通勤している人から聞いた話です。
 その人はN市という始発駅から通勤しているのですが、営業区間が短い私鉄で乗車時間は20分ほどもないのです。
 珍しく座ることができたため、そのままウトウト寝てしまいました。
 目が覚めると乗っている車両は同じでしたが、辺りは見知らぬ田園風景の中でした。
 その人はぼんやりしながら
「知らないうちに支線が出来て、間違えて乗ってしまったのかな

とあまり深く考えないで乗り続けました。

 隣に座っていた老夫婦の話を 何気なく聞いていると
「そういえば、お前にも随分苦労をかけたよなぁ

「いえいえ、そんな気にしないで

 となにやら会話をしています。

tasogare_36.jpg

 目の前に座っている女子高生たちも
「もう少し、色んなところ行きたかったよね

「なんか残念よね。」と話しています。

 しばらく走っていくと旧字体の漢字が7から8文字ぐらいあるような難しい名前の駅に止まりました。

 そこで三、四人下ります。田舎の無人駅で、車掌が切符を受け取ると、電車が再び発車。 降りた客は 田んぼの一本道をずっと遠くまで歩いて行きます。

「朝に仕事もしないで何処に行くんだろう?」
不思議に思いながら電車から眺めていました。

 同じようにしばらく走っていくと、不思議な駅名があらわれ、そこで数人ずつ降りて行きます。

 tasogare_32.jpgやがて日が暮れてすっかり夕方になってきました。
 その人の記憶では電車は明かりもつけずに、夕日の中を走っていたそうです。

 

 そのころには隣の老夫婦もいなくなり、目の前の女子高生もいなくなり、満員電車も二、三人ぐらいしかいなくなりました。

 まるで地方のローカル線のように、暮れゆく田園の景色のなかを走っていきます。

 ウトウトはしていましたが、その人もさすがに会社にいかなくちゃまずいとどこかで思ったのでしょう。 車掌に聞きに行きました。

「あのう N駅にはいつ着くんですか・・・?」

 車掌はこう答えました。

「お客さん、切符を見せてください。」

 彼は定期券で乗っていましたが、なぜか切符を探してしまいました。しかしいくら探しても見つかりません。

すると車掌が怒り始めました。

 「お客さん、切符なしに乗り込まれちゃ困るんだよ。この電車は貸し切りなんだから。早く降りてくれ。」

 彼は車掌に襟首を掴まれ車内を引きずられます。車掌は走行中のドアをガラガラッと開けると、その人を車外に放り出しました。

 彼は列車から放り出されると、ちょうどそこは川をまたぐ鉄橋で、真っ暗の中を落下していきました。

tasogare_31.jpg

 気がついた時、その人はある市立病院の病棟にいて、鼻や器官に何本も管を差し込まれた状態で、時刻はすでに夜の九時ごろだったそうです。

 その人が乗った列車は、駅の停車場に激突して多数の死傷者を出した列車だったのです。 彼は朝から意識不明で、危篤状態からようやく生還したのです。

 今から十年ほど前、ある鉄道で実際にあった事故です。この時の生還者の貴重な話でした。





 事故の生還者の証言にはこのような話が多いですね。三途の川のような場所で、向こう側に渡ろうとしたら、こっちには来ちゃいけないと咎められたとか。

 生死の境を彷徨っている魂が見せられる幻覚なのでしょうか。それだけでは片付けられないものもありそうです。

 世界的には最も正確で安全な日本の電車ですが、列車事故はわりとあります。この中のどれかの事故だったのでしょうか。

→日本の鉄道事故 (1950年から1999年)

→日本の鉄道事故(2000年以降)


tasogare_33.jpg


こんな記事もどうぞ

来たよ(12)  コメント(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 12

コメント 1

johncomeback

生還者の体験談は良く聞きますね。
生還できなかった方からは聞けませんからね。
by johncomeback (2014-06-13 20:13) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 黄昏怪奇譚 All Rights Reserved.