So-net無料ブログ作成

ヒトラーに関する都市伝説

sh 416.jpg
Adolf Hitler(Wikipedia)

 アドルフ・ヒトラー(1889年4月20日 - 1945年4月30日)といえば、人類の敵、悪魔のような人物の代名詞のような扱いで、「◯◯はのやり方はまるでヒトラーのようだ」で通じてしまう、相手を批判する時に安易に使える手法です。
 公平に評価することも冷静な視点では必要だと思うのですが、それだけでヒステリックに非難されるようですので正常な判断をも狂わせる人であることは間違いないようです。
 
 ここでは、そんなヒトラーにまつわる都市伝説を。
 
 
◆その1【ヒトラーは何者かの通信を受けて行動していた】

 彼は第一次世界大戦でも総統になったときも奇跡ともいえる命拾いを何度もしています。
ヒトラーの暗殺は40回以上も企てられましたが、その全てのピンチから逃れているというから驚きです。
 多くの死傷者が出ても、ヒトラー自身はケガひとつ負うことはなかったといいますから、「強運」の持ち主であることには変わりはないと思います。
 そんなヒトラーですがたびたび予知を受けていたよという証言があります。ヒトラーはその予知を“あいつ”と呼んでいました。
 
sh 417.jpg
第一次世界大戦時の伍長だったヒトラー(右のヒゲの人物)

 イギリスの通信社特派員ウォード・プライスに語った言葉として以下の言葉が残っています。
「私 はあのとき、戦友たちと夕食を摂っていた。すると突然、ある声が私に、『立って向 こうへ行け』と命じた。その声が、あまりに明瞭に同じことを繰り返したので、私は上官の命令を聞くように機械的に従い、20ヤードほど移動した。とたん に、いままでいた場所から衝撃と轟きが押し寄せた。そのときまで私も属していたグループの上に、流れ弾が炸裂して1人残らず死んでしまったのだ。」
 また、総統になった時も「そうだ、それは“あいつ”の命令だった。あのときから、私には“あいつ”が憑(つ)くようになった。恐ろしいことだ。私は“あいつ”に選ばれて取り憑かれたのだ。」
 彼はあとで、側近たちにこうも語っている。それだけでなく、語っている最中、ふいに立ち上がって目を剥き、「“あいつ”だ、“あいつ”が来た。また私に未来を教えに来たのだ。そこにいる、そこだ!」 あらぬ方を指さして絶叫することもあった。

 今で言う、ちょっと危ない人であったのは間違いないようです。


その2【ヒトラーは未来の予言をしている】 

 ヒトラーの予言には2039年に関する「究極予言」「ヒトラーの山荘予言」、ベルリン地下官邸で語られた「指名予言」、そして大戦末期にラジオで語られた、「ヒトラー最後のメッセージ」があると言われています。

 詳細な予言の内容を紹したサイトがありますの興味のある方はどうぞ。

→【完全版】ヒトラーの予言



その3【ヒトラーは黒魔術を行っていた】 

  ヒトラーより悪名高いSS長官ヒムラーがヒトラーより傾倒していたようですが、ゲッペルスも占星術を信仰していたとの証言もあり、「ノストラダムスの予 言」をプロパガンダに使用したとの話も残っています。ナチの高官たちがオカルトに興味を持ち、戦争の判断に使用していたのは間違いないようです。
sh 421.jpg
大量虐殺の実質指導者、ヒムラー



→死してしてなお目的を完遂したヒトラー


その4【ヒトラーはベルリンで死んでいない】

  ベルリン総統地下壕内で自殺したとされるヒトラーですが、遺体の確認ができなかったことから(敵国に渡したくないことから完全に焼いたとされる)様々な憶 測が飛び交いました。現実に当時の米ソの首脳陣は信じていなく、ヒトラーは逃亡したのではにかとして世界各地に調査チームを派遣しています。

 1946年10月17日付の『ニューヨーク・タイムズ』紙に、このハインリッヒ陸軍情報部大佐の衝撃的ともいえるコメントが掲載されました。

 「ヒトラーの死については、何ら確実な証拠がない。これでは世界中のいかなる保険会社であろうと保険金を支払うことはできないだろう。私はヒトラーは生きている、と思う。なにしろ彼が去年死んだということすら証明できないのだから。」
 ちなみに同日に発見された女性の死体はエバ・ブラウン本人ではないことが確認されています(ここ重要)。

 しかし、第二次世界大戦の完全なる終結にはヒトラーの死は絶対的なことでありましたから、米ソもなんとしても「ヒトラーは死んだ」ことにしたかったのでしょう。


sh 418.jpg

→「ヒトラー逃亡説」の実態


★関連記事
ヒトラーは生きていた? DNA鑑定の結果、遺骨は女性のものと判明



その5【南極と南米には今なおナチスの残党がいる】
 
 戦後、多くのナチ党員が戦犯になるのを恐れ逃亡、潜伏をしました。
その逃亡の手助けをしたのがカトリック教会組織であるという噂もあるそうです。15年も潜伏し、1960年に南米に逃げたアイヒマンも捕まります。(1962年5月に絞首刑)

→「南米に逃げたナチの残党」

 ドイツには日本と同じ住民登録制度があり、この登録には、性別、年齢、家族構成などが克明に書き込まれているので、戦後、進駐した連合国側にとってこの住民登録制度は非常に役立ちました。なぜならナチ戦犯狩りや犯罪者の割出しに利用出来たからです。
 しかし、同時にある信じられないような事実が判明しました。25万人のドイツ人男女が消えてしまったという事実が浮かび上がったのです。彼らは何処へ?

sh 422.jpg
戦後消息が判明しないUボートの数も多数のぼるという

 また、戦争が終結して間もない1946年12月、アメリカ軍は「ハイジャンプ作戦」という南極探検を目的とした作戦を実施します。この探検の名目は人工衛星用の基地の建設であると公表されましたが、異様なのはその規模です。
 5千人近い兵士と、空母を含む軍艦13隻、ヘリコプターや水上飛行機、水陸両用戦車、それに潜水艦までが参加しました。大規模な軍隊を動員したのです。これもまた不思議な話です。
sh 423.jpg

 ヒトラーの狂気は多くの人々の命を奪い、世界を、そして祖国であるドイツを再び荒廃させてしまいました。当時の時代背景や空気があったと思いますが、何をそこまでヒトラーを台頭させてしまったのでしょうか。
 
 実際にヒトラーの演説を聴いた者の証言が数々残っていますが、皆、一様にその演説の異様なエネルギーやカリスマ性に触れています。
 「ヒトラーは真に神秘的な呪師の範ちゅうに属する人間である。彼は予言者の目をしている。彼の力は政治的なものではない。それは魔術である。」(ユング)

 ヒトラーのカリスマ性や行った行為が、その後の多くの伝説をも生み出したように思います。
sh 425.jpg


ヒトラー伝説を語るに欠かせない「滅亡のシナリオ」
あのオウム真理教の麻原彰晃に深い影響を与えたとされる幻の書籍

sh 426.jpg
滅亡のシナリオ―いまも着々と進む1999年への道 (ノン・ブック)



20世紀最後の真実―いまも戦いつづけるナチスの残党 (集英社文庫)

中古価格
¥1から
(2014/4/30 01:35時点)

ヒトラーとオカルト伝説

新品価格
¥3,360から
(2014/4/30 01:39時点)

こんな記事もどうぞ

来たよ(22)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 22

コメント 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 黄昏怪奇譚 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。