So-net無料ブログ作成
検索選択

霊界を探訪したという科学者、スウェーデンボルグ


Emanuel_Swedenborg2.jpg
エマニエル・スウェーデンボルグ
 
 今回はとても、とても不思議な方の紹介を。
  
エマニエル・スウェーデンボルグという方をご存じでしょうか。(Emanuel Swedenborg, 1688年1月29日 - 1772年3月29日)スウェーデン王国出身の科学者・神学者・神秘主義思想家です。

 この方は当時としては、とてつもない人で、生理学上の研究や、現在の原子物理学に匹敵する物理学上の研究、哲学、心理学など、多様な分野で多くの研究成果を残した大天才、貴族であり国会議員であった人物なのです。
 彼が精通した学問は、数学・物理学・天文学・宇宙科学・鉱物学・化学・冶金学・解剖学・生理学・地質学・自然史学・結晶学など多様にわたります。

 動力さえあれば実際に飛行可能と思えるような飛行機械の設計図を歴史上はじめて書いたのは
スウェーデンボルグが26歳の時であり、現在もアメリカ合衆国のスミソニアン博物館に、この設計図が展示保管されています。

 今でいえば、当てはまるような人がいないくらいの「大天才」、「偉い人」、「有名人」などろにかく立派な肩書きをいくらでもつけてもいいような実績をもっていて、ノーベル賞を幾つもとれる多大な功績を残している方なのですが、
そんなウェーデンボルグが57歳の晩年になったときに予想もつかないことをし始めます。
 突如「霊界は存在する」と言い出したのです。
「気でも狂ったのか?」周囲がそう思うのも無理からぬことであったと思います。

Endor.jpg それは、1957年、スウェーデンボルグ57歳の時のこと、彼に身に突如、不可思議な現象が起き始めます。
 自分の肉体と意思が分離し、様々な霊現象が起き始めたのでした。
 そして、
イエスキリストから「霊界を証明せよ」という啓示を受け、スウェーデンボルグは霊界知識の普及活動を始めます。

 
スウェーデンボルグが霊能力を発揮した事件は公式に2件程存在し、一つは、ストックホルム大火事件、もう一つはスウェーデン王室のユルリカ王妃に関する事件であるといわれます。

 ストックホルム大火事件は、スエーデンボルグの自宅があるストックホルムから約500km離れた場所で、大火災の様子を遠隔透視したとされ、ユルリカ王妃に関する事件では、彼女と亡くなった将軍の間だけの遺書の内容を降霊術を行い、当てたことです。

 この事件は、当時大変なニュースになりました。

 しかし、その研究内容は、とうてい理解し難いもので、
得に今までのキリスト教の伝統的教説と異なる点が多いため、気違い、異端者、数々の暴言、中傷、批判がありました。 そして当時のキリスト教会から異端宣告を受ける直前にまで事態は進展してしまいます。
 結果は、王室の庇護により、異端宣告はなんとか回避されたのですが、霊界の探究というトンデモ思想への攻撃は容赦ないものであったと言われています。
 
 それだけ影響力もあったのでしょう。
世界中の著名な人からも注目され、大哲学者カントからさえも批判を受けることになりました(『視霊者の夢』)

200px-Immanuel_Kant_(painted_portrait).jpg
イマヌエル・カント


 しかし、今までの数々の功績と、今までの姿勢と変わらないその探究姿勢に徐々に賛同する人々が出てきます。

481px-Helen_KellerA.jpg
ヘレン・ケラー


 
ヘレン・ケラーは「私にとってスヴェーデンボルグの神学教義がない人生など考えられない」とも言わしめています。

 結局、30年近い晩年の歳月を研究に費やし、膨大な霊界の探究資料と神秘主義思想を立ち上げ、最後は自分の死ぬ日を予告してその通りに亡くなりました。

 思想体系としての現代への影響を見るなら、この
スヴェーデンボルグが中心となって起きたスピリチュアル思想が、ブラヴァツキー夫人の霊媒論や神智学と相互に影響を授受し合いながら、現代のさまざまなオカルトや新しい宗教の源泉となりました。

 大きな影響力を与えた人だったのですね。

 あの世が存在し、神や天使という高次元の存在が、本当に実在するならば、自分たちの存在の証明を託す人物として、スウェーデンボルグのような人物を選ぶのではないでしょうか。
 神の神託を受ける者であるというならば、この世的も優れたる人物、また人格者であることがとても重要かと思います。

 もしも、自分の身にスエーデンボルグのような神秘現象が起き、「霊界を証明せよ」と言われたらどうでしょうか?
 神と呼ばれる高次元の存在から使命を授かるに相応しい自分なのだろうか。それだけの功績を残してきただろうか。影響力のある人間なのだろうか。
 客観的に自分を評価することも大切かと思います。 

 どんな世界宗教でも、最初はカルト的で、同時代の人々に受け入れられないこともあると思いますが、その人物の人徳、また多くの人々に尊敬される人物であるということは宗教者としての必須の徳目であると思います。

 良い宗教であるのか、危険な宗教であるのか、その判断基準として、その教えを学んでいる人々が人格的にも向上しているのか?精神的に向上していると言えるのか?その教えが広がっていくことで世の中は良くなっていくといえるのか?こういう目でしっかりと見ていきたいなと思っています

 

スウェーデンボルグの霊界日記―死後の世界の詳細報告書

新品価格
¥1,468から
(2014/4/25 04:53時点)


スウェーデンボルグの「天界と地獄」

中古価格
¥2,480から
(2014/4/25 04:54時点)


エマニュエル・スウェデンボルグの霊界〈1〉死後の世界は実在する

新品価格
¥1,728から
(2014/4/25 04:54時点)


こんな記事もどうぞ

来たよ(10)  コメント(2)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 10

コメント 2

リュカ

スウェーデンボルグの神秘体験は、強い性的刺激のあとのトランス状態の中で得られたものです(同時代人が告発しています)。実際に私でもそうしたときに夢や白昼夢を見ることはあります。例えば、見渡すと仏教的な寺院ばかりで、見渡したいと思うと自分が宙に上ったり・・・。私に限らず、性体験のあとに主人公がそうした体験をする描写をしている小説は少なからずあります。要するに、そういった小説の著者たちも、多少、そうした経験をしたことがあるということなのでしょう。

しかし、夢は夢、現実とは限りません。聖書にも書かれていますが、サタンも他人の神秘体験や夢に干渉して、真理とはかけ離れた像を見せたり、法則を教えたりすることがあるようです。だから惑わされないように注意しなさい、と聖書は結びますが。スウェーデンボルグの描く神秘世界も緻密ですが、それは彼が知的で知識量が多かったからで、夢が本人の記憶や体験や思想の影響を受けるように、彼の夢、もしくは神秘体験も、彼の考えの影響を濃厚に受けていると思います。

結論から言うなら、彼の一連の著書は、悪いけど彼の妄想談で、あんまり信じたり真面目に相手をされない方がいいように思います。
by リュカ (2016-09-04 02:53) 

ワンモア

★リュカさま
コメントありがとうございます。

>スウェーデンボルグの神秘体験は、強い性的刺激のあとのトランス状態の中で得られたものです。

 疑問なのは、その体験が一回限りではなく、何十年も継続していること、その夢も「連続性」があり、「体系的」であり、細かい矛盾点はあるものの大まかに筋が通っており、当時の知識人たちの研究に値する膨大な量の体系的著作を残していることです。その点でリュカさまの体験や他の方の体験とは大きく異なると思われます。
 私は霊界があるとか、妄想だとかという視点よりも、当時の知識人たちに多大な影響を与えている事実に注目しています。

>それは彼が知的で知識量が多かったからで、夢が本人の記憶や体験や思想の影響を受けるように、彼の夢、もしくは神秘体験も、彼の考えの影響を濃厚に受けていると思います。

 当時の世界のトップレベルの人の膨大な知識が彼独自の霊界世界として構築されているのならば、それはそれで宗教的・哲学的観点からいっても十分に傾聴に値するでしょう。キリストも釈尊も同様です。ルドルフ・シュタイナーしかりです。

 結論から言うなら、本人の妄想なのか、考えぬいた創作なのか、はたまた真実かは、証明する手立てはありませんので、カントのように棚上げして、それを語っている人たちが人格者として形成されていくのか、人生を豊かにし、周囲にも良い影響を与えていくものであるかを注目していくことだと思います。

リュカさまのいう、聖書で書かれている悪魔の惑わしに気をつけなさいとは、正にこういう視点で霊的世界に惑わされないようにすることだと思います。

 私はヘレン・ケラーを尊敬しているので彼女の人生に良き影響を与えたボルグはたとえ妄想であったも卑下する気にはなれません。

 このブログは、真実かどうかを追求するブログではなく、また信じるか信じないかを皆さんに問うブログでもありません。普段の日常では得られない、非日常の視点が、私たちの人生を別の角度から考えるきっかけになればと思い取り上げさせていただいています。ご了承ください。
by ワンモア (2016-09-09 20:47) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright © 黄昏怪奇譚 All Rights Reserved.